育毛の神髄!

Find the Best hair care

メインイメージ

育毛シャンプーとは

“育毛”シャンプーというと、「使っているだけで毛が生えてくる」なんてイメージをもっている方がいるかもしれませんが、育毛剤ではないのでそれはないです。
毛穴の汚れをとり、頭皮を健康な状態にすることで毛にも栄養や血流が行き渡り、その結果毛が抜けにくくなります。
ちなみに「頭皮に優しい=髪に優しい」ではないので、髪がキシキシになってしまうことも多々あります(どちらにも優しい商品もあります)。
また、毛穴の皮脂を取り過ぎてしまうシャンプーも問題です。皮脂が全くないと体が皮脂を作ろうとするため、余計に皮脂が生じてギトギト頭になってしまいます。

スーパーやドラッグストアなどで市販されている一般的なシャンプーは、安価で香りや泡立ちが良い反面、肌や髪に刺激を与える高級アルコール系洗浄成分によって頭皮環境を悪化させる可能性が懸念されています。

高級アルコール系シャンプーに配合されている合成界面活性剤には『ラウリル硫酸』や『ラウレス硫酸』などがありますが、これらはいずれも刺激を伴う旧表示指定成分となっています。
表示指定成分とは、アレルギーや接触刺激、皮膚毒素、発がん性などの症例に基づき、皮膚障害を起こす危険性があるとして、旧厚生省が1980年に表示を義務づけた成分(102種)のことです。現在は全成分の表示が義務づけられているため、「旧表示指定成分」と呼ばれていますが、肌や髪に刺激を与える成分であることには変わりなく、使用には細心の注意を払う必要があります。特に敏感肌やアレルギー肌の方が使用すると、かゆみやかぶれ、湿疹などの肌トラブルが起こるお恐れがあり、抜け毛や薄毛の悪化に繋がります

一方、育毛シャンプーは植物由来のアミノ酸系洗浄成分を使用しており、肌や髪に負担をかけずに頭皮の汚れを落とすことができます。また、洗浄成分に含まれるアミノ酸は頭皮や髪の原料となる成分で、洗髪と同時に傷んだ肌や髪のダメージを修復する効果が期待できます。
さらに、育毛シャンプーには育毛・発毛に役立つヘアケア成分が多数配合されており、シャンプーしながらケアできるところも特徴。
例えば、『ウーマシャンプー』には殺菌効果のあるニンニクエキスや、頭皮の炎症を抑えるグリチルリチン酸などの天然植物成分が含まれており、頭皮の荒れを抑える役割を担っています。

頭皮環境が正常に整うと、丈夫な髪が生えやすくなり、育毛剤の吸収率・浸透率もアップするため、育毛効果も高めることができます。
普通のシャンプーに比べると値段はやや高めですが、育毛剤の浸透率が良くなる分、コストパフォーマンスも高くなるので、長い目で見れば薄毛治療のコストを節約できるといえるでしょう。

Main Menu

無料体験ならコレ!

育毛剤 ~男性編~

育毛剤 ~女性編~

育毛シャンプー ~男性編~

育毛シャンプー ~女性編~

育毛サプリメント ~男性編~

育毛サプリメント ~女性編~