育毛の神髄!

Find the Best hair care

メインイメージ

育毛シャンプーの成分

洗浄成分
育毛シャンプーの多くはアミノ酸シャンプーと呼ばれるもので、アミノ酸配合と書いてあれば、アミノ酸シャンプーに分類されます。
アミノ酸自体が20種類あるので、1種類でも入っていればアミノ酸シャンプーになるのですが、成分表を見てもどれがアミノ酸かどうかわからない事も多いです。主に入っているアミノ酸は、ココイルグリシンK、ココイルグルタミン酸、ラウリン酸、ミリスチン酸、コカミドになります。
アミノ酸の洗浄成分で洗うと、頭皮を痛めずに洗うことができるので、育毛に効果が期待できるでしょう。

また、育毛シャンプーの多くはノンシリコンシャンプーとして売られています。シリコンはニュースになったりもしましたが、体に悪い影響があるといわれているものです。ただし、合成シャンプーには普通に入っているので、すぐに何か悪影響があるという訳ではありません。できればノンシリコンの方が好ましいのですが、中には敢えてシリコンを入れ、そこから育毛しやすいようにしているシャンプーもあります。
もしシリコンが入っている育毛シャンプーであれば、使用しているシリコンについて説明してくれているものを使用する方がいいでしょう。育毛を目的とするならば、育毛シャンプーの成分は説明してくれている商品の方が安心して使えるものです。

育毛成分
当たり前かもしれませんが、育毛シャンプーには育毛成分が入っています。育毛剤ではないので、育毛シャンプーだけでは効果が得られないかもしれませんが、ある程度は入っているのです。効果が出る人がいるのは、この育毛成分の効果だと言えます。
育毛成分には色々あります。育毛効果のあるアミノ酸が入っているもの、また多いのは海藻エキスが入っているもの。またミノキシジルやフィナステリド、トリプル、β-グリチルレチン酸、イチョウエキス、クロレラにも育毛効果が高いといわれています。ただ、フィナステリドは女性は使用禁止となっているので、注意が必要です。

保湿成分は、特に女性用育毛シャンプーに多く入っているといわれています。保湿をすることで、余計な脂の分泌を抑えてくれるからです。
よく聞くのは馬の脂(馬油)が入っているもの。豊富なアミノ酸が入っていることから使われることが多いです。またアルガンオイルやホホバオイルが入っているものも人気です。さらにフコダインやヒアルロン酸、コラーゲンなどを含む育毛シャンプーもあります。化粧水などと同じ成分が入っているのは、肌に優しく浸透するためでもあります。
どのシャンプーにも保湿成分は入っているので、成分表で確かめてみるといいかもしれません。

Main Menu

無料体験ならコレ!

育毛剤 ~男性編~

育毛剤 ~女性編~

育毛シャンプー ~男性編~

育毛シャンプー ~女性編~

育毛サプリメント ~男性編~

育毛サプリメント ~女性編~